ご予約・お問い合わせ 03-3561-5115 メールフォーム

営業時間
平日:10:30〜21:00
土日祝日:10:00〜19:00
木曜定休

  • コンセプト
  • 治療家紹介
  • お客様の対談インタビュー
  • お客様の声
  • 癖のあるある集
  • よくある質問
店舗情報

【住所】
東京都中央区銀座1-15-13
VORT銀座レジデンス802号
≫アクセスマップ
【営業時間】
平日:10:30〜21:00
土日祝日:10:00〜19:00
木曜定休
【TEL】
03-3561-5115

ブログ Facebook

HOME > 癖のあるある集(症状) > 【悩み】腰痛

癖のあるある集(症状)

【悩み】腰痛

【腰痛の原因】 腰痛が起こる病気は種類も多く、原因も多岐にわたります。
自分に当てはまるものを探してみてください。

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰はちょっとしたきっかけで突然、腰に激痛が走ります。
物を拾うために屈んだ時や腰をねじった時に起こることもありますが、 特に何もしてない時に痛みが出ることも少なくありません。
痛みの起こる原因は、腰椎の椎間関節のねんざや、靭帯の損傷(軽度)、関節包のねじれなどによるものです。
急性の腰痛が起こると強い腰の痛みのため動けなくなったり、歩くのが困難になります。

症状の程度には個人差があり、物に捕まればなんとか歩ける人もいますし、全く動けない人もいます。
また、急な腰痛は必ずしもぎっくり腰とは限らないので まずは整形外科での受診をおすすめします。

慢性腰痛

腰全体に重苦しい、疲労感、痛みを感じることが多いです。
腰の痛みが3ヶ月以上続くと慢性腰痛と診断されます。

痛みの原因はデスクワークなどの、長時間同じ姿勢で作業で起こることが多いです。
またスポーツや肉体労働などでも起こることが多いです。

腰の筋肉や靭帯に緊張状態が続いたり、背骨の歪みにより一部の筋肉に負担がかかり続けていると 筋肉自体へのダメージで痛みがおきます。
運動不足や加齢によってそのリスクは増加します。

腰椎椎間板ヘルニア

腰に強い痛みの出ることが多い「腰椎椎間板ヘルニア」ですが、お年寄りだけでなく若い人にも多いのが特徴です。
背骨は椎骨が縦に重なっていますが、椎骨と椎骨の間に椎間板というクッションの役割をしている組織があります。
この椎間板に強い圧力がかかると椎間板の中身が飛び出て神経を刺激し痛みやしびれが起こると考えられています。
しかし、中にはヘルニアの状態でも痛みの出ない人もいます。

小林整体院では、ヘルニアの痛みやしびれは必ずしも神経圧迫で起こるものとは考えていません。
筋肉の緊張や血行不良などが原因に関わっていると考えています。

椎間板の中身が飛び出るほど腰回りに負担がかかっているので、
身体のバランスを調整しかかりすぎている負担と減らすことで痛みやしびれが改善していきます。


施術のご予約・お問い合わせはこちら

お電話の場合 0335615115 メールの場合 メールフォームから お願いいたします。