HOME > ブログ > 正しい骨盤はハート型をしています。

ブログ

< 姿勢が悪くて気になる方へ  |  一覧へ戻る

正しい骨盤はハート型をしています。

正しい骨盤はハート形をしています。内臓を支えている骨盤を正しい形に整えることはとても重要です。

”内臓の受け皿”である骨盤は、長い間の反り腰や巻き肩の姿勢の習慣や、片脚重心などの癖で開いたり曲がったりします。
個人差はありますが大きく歪んでいる人も少なくありません。
受け皿が歪んでいたら、中に入る内臓まで歪んだ形になることは当然のことです。

骨盤という名の「内臓の器」を、正しくキレイな形に直していきましょう。
骨盤は「仙骨」「寛骨」「尾骨」によってできています。
正しい骨盤はハート形をしています。このハートのくぼみ部分にあるのが「仙骨」。仙骨から続くハートのふくらみ部分は「腸骨」。
ハートのとがった部分は「恥骨」、その裏側には「坐骨」が隠れていて、この3つを合わせて「寛骨」と呼びます。そして仙骨の先端にあるのが「尾骨」。座った時に座面にコツっと当たる尾てい骨の事です。

これらの骨からなる骨盤は、周囲の筋肉や靭帯によって固定されているのですが、「仙骨」と「寛骨」を繋ぐ「仙腸関節」の部分が圧力にとても弱く、強く押されたり長時間圧迫されると、ここの部分が開いたり歪んだりするのです。

仙腸関節が変形すると仙骨にかかる力のバランスが乱れて、骨盤自体が歪んでしまいます。そして骨盤の歪みが体の歪みに影響を与えて多くのアンバランスを引き起こすのです。

< 姿勢が悪くて気になる方へ  |  一覧へ戻る

施術のご予約・お問い合わせはこちら

お電話の場合 0335615115 メールの場合 メールフォームから お願いいたします。