HOME > ブログ > 8ページ目

ブログ 8ページ目

ストレートネック

ストレートネック

肩こり・首のこり・頭痛・背中のこりなどに関わっていることの多い
ストレートネックですがデスクワークをされている方に多い症状でした。

しかし最近は携帯電話のメールやスマートフォンの
操作をする際に下を向くことで、首のカーブが減りストレートネックになる方が増えています。


頭の重さは5~6キロあり、その重さをうまく逃すために背骨は前後にカーブしています。

スマートフォンなどの操作の時に、うつ向いて操作をすると首のカーブが減ります。

この時に首にかかる負担は、通常の3倍ほどと言われています。

 20151208150321-92d1dbca1b285cbe9dd83d93a88336e520290a23.jpg

※写真左が正常、右側がストレートネック

パソコンの位置が低すぎる、椅子が高過ぎるなどでうつ向くのも同様です。

この状態で長時間いると当然肩こりや背中の張りを感じやすくなります。

脳への酸素不足で、目のかすみや集中力の低下にもつながるので注意しましょう。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

施術を受けたあとの過ごし方

こんにちは銀座一丁目で骨盤矯正をしています、小林整体院銀座の院長小林です。

施術を受けたあとの過ごし方について書いていきます。

当院で施術をうけに来られる方々は、仕事であったり、育児であったり、
家事であったり、友達付き合いであったりと日夜忙しいく生活されていることが多いです。

当然疲労がたまって身体もツラくなってくるわけですが、そういう時に「もうひと踏ん張り!」と施術をうける場合があります。
 

施術をうけることで身体の疲労が軽減されて、調子をとりもどすことができることが多いですが毎回はおすすめしません。

cc-library010009019kylkv.jpg

人の身体は寝ている間、睡眠中に回復します。

施術のあとは眠気を感じる方も多いですが、これは脳が身体を休ませようとしているサインです。

実際に睡眠時間が少ない方が多いです。


また、外食が多かったり暴飲暴食をしているかたも結構いますが、内蔵を休ませる為に消化のいいモノを食べたり、
食事を抜いてしまうというのもありだと思います。

 
休むときはしっかり休んで身体の回復に努める、そうすることで整体の効果をより引き出せると思います。

京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

乾燥対策

こんにちは中央区銀座で骨盤矯正をしています、小林整体院銀座の院長小林です。

 こんにちは銀座一丁目で骨盤矯正なら小林整体院の院長小林です。

最近だいぶ乾燥してきましたね、庭の植物に頻繁に水撒きしています。

69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s.jpg


□皆さんしっかり水分をとっていますか?


気候が乾燥してくると体の水分も発散していきます。
サラッとして気持ちの良い陽気に感じますが、失った水分を補給しないままでいると、皮膚のかゆみ、関節の痛み、筋肉のこわばりなどが起こります。

 
人間の体の70%ほどは水分と言われています。水分が不足すると血液がドロドロになってしまい、リンパの流れも滞ります
。喉や鼻の粘膜の乾燥で風邪やインフルエンザにかかりやすくもなります。


□水分補給のポイント


水分の摂り方にはいくつかのポイントがあります。

・飲料水はなるべく常温か温めて飲む。冷たい状態だと体を冷やす

・アルコール類は余計に体を乾燥させるのでカウントしない

・お茶、コーヒー、紅茶はカフェイン(利尿作用がある)が含まれるのでこちらも飲み過ぎに注意する


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

顔の左右非対称

お顔の悩みで多いのが顔の左右非対称です。

目の大きさが左右で違う・片方の目は二重なのに、もう片方は一重・
口角の高さが左右で違う・顔の大きさが左右で違う・耳の高さが違う・
鼻が曲がっている・・・・などなど

img_kaoyugami02.jpg

こういった歪みの原因は様々ですが多くは頭蓋骨の歪み、特に顎の歪みが関わっています。

頬杖をつく、食べ物を片側だけで噛む、うつ伏せで寝たり横を向いて寝る、歯の噛み締めや食いしばりがあると
徐々に顎が歪んできてしまいます。

もちろん背骨や骨盤などの、身体の歪みがから来ることもあります。

骨盤がズレれば背骨も歪むので、血行やリンパの流れもバランスが悪くなります。

そうなると顔の筋肉や脂肪の付き方にも左右差が出てきます。

また虫歯が原因で顎が歪むこともあります。

こういった歪みの原因の姿勢や仕草は、それをしているからすぐに痛みが出るわけではありません。

少しずづつ歪んでいって痛みが出たり、見た目が変わってしまうので日頃から気をつけましょう。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

顔の歪み施術例(顔の非対称)

こんにちは中央区銀座で小顔矯正をしています、小林整体院銀座の院長小林です。

 

今回は顔の歪みの施術例を紹介します。

顔の左右非対称が気になる方は必見です。

sejutu no1.jpg
↑施術前

目の高さ、口角の高さが左右で違い、首の歪みがあります。

sejutu no7.jpg
↑施術後

首の歪みがまだ少しありますが、目の高さ、口角の高さの左右差はだいぶなくなりました。

kao kyousei.jpg
左側 施術前   右側 施術後


顔の歪みは、頬杖や片側で物を噛む、歯のかみ合わせ、歯ぎしりなどでアゴが歪むことや、

片側で荷物を持つ、運動不足、不良姿勢で背骨や骨盤が歪むことで起こります。

昔の写真と見比べて「変わってきている」と感じたら、早めの施術が良いです。



京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

スポーツと体の歪み

こんにちは中央区銀座で骨盤矯正なら小林整体院銀座の院長小林です。

fa5943ce89d88836d861f9e72b657ff4_s.jpg

今回はスポーツと身体の歪みについて書いていきます。

当院にはマラソンやゴルフをはじめ、様々なスポーツをされている方々が来院されます。

私も身体を動かすのは好きなので運動することはオススメしています。

ただしスポーツ=健康というようにはならないということをお伝えしています。

当たり前ですがその競技の練習をしていけばその競技に適応した身体に近づいていきます。

その結果、競技の成績がよくなっていきます。

 

一部のスポーツを除いたほとんどが、筋肉の付き方や重心のバランスも偏りができてしまいます。

しっかりとしたフォームができない、オーバーユース(使いすぎ)などで怪我になってしまうことをあります。

前後左右の筋肉の緊張に差が生まれて、体幹や四肢を歪めてしまいます。

歪んだ体幹や関節や筋肉では、自己の能力も最大限に発揮できません。

これでは機能も低下し、記録も伸び悩んでしまいます。

 

当院では試合や大会の前に「最高のコンディションで臨みたい。」という方が来院します。

こういうところで頼りにされるのはとてもありがたくやりがいを感じます!

いい結果を聞くとこちらも嬉しいですし、怪我なく終わってよかったと思います。

運動をされている方で整体を受けていない方はお勧めです。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

眼精疲労の対策

こんにちは中央区銀座で小顔矯正なら小林整体院銀座の院長小林です。

d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_s.jpg

今回は眼精疲労の対策について書いていきます。

パソコン作業をされる方で多いお悩みの眼精疲労、物を見ると目が疲れる、痛い、目がかすむなどがあり、

更にひどいと頭痛や吐き気なども起こります。

目を酷使して眼精疲労がひどい時は、非常に興奮した時と同じくらい血圧が上がります。

この状態が長期間続くと、疲れが取れにくくなり、血流も滞り目だけでの問題ではなくなります。

整体の施術で改善のできますし眼科で治療するのもありますが、自分でできる眼精疲労の予防や対策を立てておくのも大事だと思います。

 

■パソコンやスマートフォンのブルーライトを軽減させる

ブルーライトの人体への影響についてはまだわかっていないことも多いですが、明るいモニターを長時間見続けるのは間違いなく目に負担がかかります。

普通に生活をしていてもでブルーライト完全に遮断するのは難しいです。太陽光や蛍光灯にも含まれ、特にLEDの光に多いようです。

ブルーライトをカットする(光の強さを抑える)メガネやフィルムをパソコン等に貼る。

 

■パソコンの連続使用を1時間以内にする

3時間でも4時間でもパソコン作業を連続してできる方は多いと思います、むしろそうでもしないと仕事が終わらないと思います。

説教臭く聞こえてしまうかもしれませんが、仕事の段取りを工夫して改善できるところは変えてはいかがでしょうか。

1時間に1回10分ほど遠くを見て目を休ませると、逆に仕事の効率も上がると思います。

 

■目の体操をする

目の疲れを軽減させる非常に簡単な体操です。

目玉を左右、上下に交互に動かす。

慣れてきたら斜めに交互に動かす。

もっと慣れたら目玉を右回し、左回しをする。

顔はまっすぐ向いて行うこと、これだけで目の周りの筋肉がほぐれてスッキリしてきます。

どれかできそうなことは是非試してみてください。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

顎に違和感のある方

こんにちは中央区銀座で骨盤矯正なら小林整体院銀座の院長小林です。

1ec2302cac84c5bc02ca254fe3da3821_s.jpg

最近、「顎に違和感がある」「口が大きく開けづらい」「口を開けるときに音がなる」などでお悩みの方が多く来院されます。

特に女性に多く、現在ひどい痛みはないものの過去で歯科医で「顎関節症」と診断されたこと
のある方々でした。

痛みは無くとも、口が大きく開かない、口の開閉時に顎がずれる、顎の音がなるなどの状態でした。

痛みが無ければ「治った。」と思いがちですが、そうではありません。

また顎に負担のかかる仕草や姿勢が続くことで、また顎に痛みが出る可能性もあります。

顎の歪みは肩こり、頭痛を始め、背骨や骨盤、全身の歪みに影響していきます。

虫歯の治療途中でやめてしまったり、抜けた歯の隙間を放置しておくのもよくありません。

美味しい物を食べる機会が増えるこれからですが、顎の不安はできるだけ減らしておきたいですね。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

頬骨の出

こんにちは中央区銀座で小顔矯正なら小林整体院銀座の院長小林です。

2b44ee439074f145242ec11eacb1c615_s.jpg

今回は頬骨の出について書いていきます。

頬骨の出は顎のズレにより起こります。

それにより頬骨が前に出て目がくぼみ暗い顔に見えてしまいます。

横に出ると横幅が広くなって顔全体が大きく見えてしまいます。これは頬骨が歪み、その上にある頬骨筋が緊張し発達してしまった状態です。

 

笑顔を絶やさない接客業をされている方はこの頬骨筋が発達していることが多いです。

頬が凝り固まってしまい、ひどい場合は目を動かすだけで負担がかかる方もいます。

頬骨の緊張を取るには、人差し指と中指の腹を頬骨筋に当て円を書くようにマッサージすることでほぐれてきます。

作り笑顔を良くする方や、頬が固く感じる方は試してみてください。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

かみ合わせの悪くなる原因②

こんにちは中央区銀座で小顔整体なら小林整体院銀座の院長小林です。

20151205111958-576cf1ae047b567ecfe9d2cbf27fd1a63600c784.jpg

今回は噛み合わせの悪くなる原因②を書いていきます。

当院に来られる肩こりや、体調不良といった不定愁訴を訴える方の多くがアゴの状態がおかしいです。

骨盤や頭蓋骨の歪みの負担もアゴにかかってきます。

◆精神的ストレスによる奥歯の噛み締め

日本はとにかくストレスのたまりやすい社会です。

職場や学校・中には家庭でも、外では騒音や道行く人のマナーの悪さ、大気汚染などもあります。

皆知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまいます。

こうしたストレスもうまく発散できれば良いのですが、なかなかそうはいかずギュッと奥歯を噛み締めてしまう傾向があります。


当院に来られる方でも多い噛み締め、中には噛み締めの自覚がない方もいます。

睡眠中に無意識に噛み締め、歯ぎしりでストレスを発散しています。

睡眠中の歯ぎしりの力はとても強く数十キロと言われています。

長期間にわたって歯ぎしりでアゴに負担をかけてしまうと、頭蓋骨やアゴの関節だけでなく、首肩を中心に全身のコリにつながってしまいます。


中には精神面に異常が出る場合もあります。

物を噛む咀嚼は、瞬間的に噛んで離すのでアゴまわりの筋肉を鍛えるので効果的です。(やり過ぎはよくありませんが)

噛み締めや歯ぎしりは、噛み合わせを悪くしてしまう原因でもありますが、力を出す上でとても重要です。

ストレスを感じると自覚のある方は一度かみ合わせのチェックをおすすめします。


◆歯の治療や歯列矯正の後遺症

きれいな歯並びはだれでも憧れると思います。

歯列矯正ではこうしたきれいな歯並びを手に入れることができます。

しかし歯並びがきれいだからといって、良い噛み合せだとは限りません。

当院にもきれいな歯並びをしながらも、「アゴが痛い。」「口が開かない。」と顎関節症の症状を訴えているクライアントが多いです。

良い歯並びは正面から見た時に、横の並びがきれいな状態を言います。


かみ合わせは上下のはの接触状態が重要です。

上下左右のバランスが取れている歯並びこそが、機能的で美しい歯並びとなります。

歯列矯正で行う歯を針金で抑えたり、歯をゴムで括りつける方法などがありますが、これで首の骨が歪み体調不良になることも多いです。

歯列矯正後に、首がこる、目が疲れる、アゴが痛い方は専門家にチュックしてもらいましょう。

虫歯の治療で歯の削り過ぎや、かぶせものの高さによって噛み合わせに狂いが出ることもあります。


また、これは本人の問題でもありますが、「歯の治療を途中でやめた。」「抜いた歯をそのまま放置した。」という方もいます。

この状態では左右使って噛むことができず、片側噛みになってしまいます。

アゴや首肩の歪みにつながるので早急な治療が必要になります。

京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

施術のご予約・お問い合わせはこちら

お電話の場合 0335615115 メールの場合 メールフォームから お願いいたします。