HOME > ブログ > 9ページ目

ブログ 9ページ目

噛みあわせの悪くなる原因

こんにちは中央区銀座で小顔整体なら小林整体院銀座の院長小林です。

69f687dc494970539f03d653d5f5d4a5_s.jpg

今回は噛み合わせの悪くなる原因について書いていきます。

当院に来られる肩こりや、体調不良といった不定愁訴を訴える方の多くがアゴの状態がおかしいです。

骨盤や頭蓋骨の歪みの負担もアゴにかかってきます。

 

その原因を幾つか紹介していきます。

◆片側で噛むくせ

ものを噛むときほとんどの方が左右どちらかで噛む癖があって、両側を使って噛む人は少ないです。

片側の歯で噛む癖がついてしまうと、よく使う方の歯がすり減り下顎の骨が次第に噛み癖のある方へ偏ってきてしまいます。

結果良く使う側のかみ合わせは低くなってしまいます。

噛み合わせが低くなると、噛むときの筋肉が下顎をひっぱり、緊張して固くなってしまいます。

よく噛む方の筋肉は固く張りがありますが、もう一方の噛まない方の筋肉は緩みっぱなしになります。

まれにですがよく使う側の、あごの骨が発達してしまいレントゲンでもわかるほど変化の付く場合もあります。

 

◆衝突や転倒など頭の打撲

交通事故や転倒などで頭を打つと頭が歪むことがあります。

頭が歪んでしまうと、体内を循環している脳脊髄液(のうせきずいえき)の圧力を狂わせてしまうことがあります。

このような状態が続いてしまうと脳自体が疲れてしまい、脳からの指令や伝達がうまく機能せず顎もスムーズに動かず噛み合わせに影響が出てきてしまいます。

脳が正常でないと顎だけでなく、全身に機能の障害が起きる事になります。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

顔の筋肉

こんにちは中央区銀座で小顔整体なら小林整体院銀座の院長小林です。

今日は顔の筋肉について書いていきたいと思います。

皆さんご存知だと思いますが、顔の筋肉は表面にあって、筋肉が収縮することによって喜怒哀楽さまざまな表情を作り出しています。

これが表情筋(ひょうじょうきん)です。

口やアゴ周りにも、口輪筋(こうりんきん)やモノを噛んだりする時に使われる咀嚼筋(そしゃくきん)があります。

咀嚼筋は表情筋とも連動しているので、口や舌を動かすと表情筋も動きます。

ほかにも、モノを飲み込む時に使う嚥下筋(えんげきん)、声をだす時には発声筋(はっせいきん)が使われます。

顔も筋肉なので使えば使うほど発達していき、使わなければ衰えていきます。

「心は顔に現れる」と言われるように、いつもイライラしている人は険しい顔つきになり、喜怒哀楽があまりない人はのっぺりとした顔つきになっていきます。

表情を作る上で特に重要な筋肉もあるので参考にしてください。

◆眼輪筋(がんりんきん)

目を開けたり閉じたりする筋肉です。衰えてくると目尻に小ジワが出てきます。

◆口輪筋(こうりんきん)

ほっぺたやアゴの筋肉と連動し、複雑な動きをします。衰えると口周りにシワやたるみが出てきます。

◆笑筋(しょうきん)

ホオや口角を引き上げて笑顔を作る筋肉。衰えるとブルドックのようにたるんできます。

京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

エラの張り

こんにちは銀座で小顔整体なら小林整体院銀座の小林です。

今回はエラの張りについて書いていきたいと思います。

顔の歪みのお悩みの中で多いのがエラの張りです。 一部、下顎が大きく成長した骨自体の問題の方もいますが、
ほとんどが食いしばりによる筋肉の過緊張が原因です。

エラの部分は噛む時に、咀嚼筋(そしゃくきん)の咬筋(こうきん)側頭筋を使います。

顔のエラの張りがお悩みの方のほとんどは咬筋が過緊張しています。

20151202120807-dc61cfcb9375840c4e96aa2e3e20a058355a8163.jpg

咬筋の画像

何故咬筋の過緊張になってしまうのでしょう。

一番多い原因はありきたりですがストレスになります。

生活していれば嫌なこと、めんどくさいこと、思い通りにならないことは多いと思います。

そんな時に『歯を食いしばり』我慢していると思います。

起きている時にそんなことをしていなくても、寝ている時にたまったストレスで歯ぎしりをしている方もいます。

もし寝ている時に歯ぎしりをしていたら注意です。

寝ている時の歯ぎしりの力は100kg以上とも言われています。

酷い場合は歯がすり減ったり、歯が割れてしまう場合もあります。

またパソコンのモニターが目線より下になってしまい、無意識のうちに上と下の歯がぶつかる方も多くいます。

寝ている時の歯ぎしり程ではありませんが、口を閉じている時の上下の歯がぶつかっているのも

咬筋が常に緊張状態になり顎にも負担がかかります。

『小顔にしたい!』とスルメやガムを一日中噛む方もいますが逆効果のこともあります。

咬筋を刺激してしまうので専門家に相談するのが良いでしょう。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

整体の口コミサイトで1位をとりました!

ヘルモアというサイトをご存知でしょうか?
整体・マッサージ・接骨・鍼灸・スパ・ロミロミなどの口コミ・評判サイトです。
 
herumoa_s.jpg

当院もヘルモアには登録していますが、なんとこの度「中央区×整体」において150件以上ある中で1位になっていました!!
(「中央区×骨盤矯正」「中央区×美容整体」でも1位になっていたのですが、登録数が少なかったです。)
 
皆さんに沢山の口コミも書いていただけて、とてもうれしく思います。
サイトを観て頂いた方や、口コミを書いていただいた方にこの場を借りて感謝申し上げます。
 
以前、別のサイトの口コミ欄には90件以上の、施術感想も頂いて取材を受けたこともあったのですが、
今回は登録したヘルモアから地域ランキング1位ということで、特別なバナーをいただけるそうで今から楽しみです。
 
口コミサイトは、整体院を私ひとりで担当しているので、
「どんな整体院か?」とか「どんな施術を受けたか。」というのを皆さんに知っていただけるとても重要なツールです。
 
東京エリアや中央区エリアで整体や美容整体で迷っている方に、ぜひサイトを見てもらえるように盛り上げていきたいと思います!!

京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

ダイエットと骨盤矯正

こんにちは銀座一丁目で骨盤矯正なら小林整体院銀座の小林です。


ダイエットの際に、とにかく【体重】の数値ばかりに気を取られている方が多いです。
 
身長に対して理想的な体重というのはもちろんありますが、とにかく【体重】を減らすことばかりに
執着してしまうとその人の持つ本来の魅力が減ってしまいます。

本来のダイエットとは食事や運動を管理することです。

それが運動もせず食べ物を極端に減らしたりするだけで、健康的ではない体重の落とし方をしていませんか?
それではただの【減量】になってしまいます。

また体重だけ落としても、骨盤に歪みがある場合はお肉の落ちづらいところが出てきたり、
お腹や下半身の体型が変わらなかったりということも起きます。
ダイエットの方法は様々な種類がありますが、
最近ではスポーツジムやエステから「身体の歪みを指摘された。」と骨盤矯正を受ける方が増えています。

ジムでの運動やエステと骨盤矯正の相性はよく相乗効果があると思います。

そもそも身体の歪みが酷い状態で運動をしても、筋肉を十分に使えません。
ダイエットも効率よくしたいですね。
 
京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

香味徳らーめん

こんにちは銀座一丁目で整体をしてます小林です。

当院から徒歩30秒のところにあるラーメン屋さんの紹介です。

牛骨ラーメン香味徳(かみとく)

鳥取では有名な牛骨ラーメンだそうです。

小林が想像していた牛骨ラーメンは、10年位に表参道で食べた(確かラーメン醍醐)様なすごくコッテリ系のラーメンでした。


kamitoku henkou .jpg

香味徳ラーメンはすごくさっぱりとした味です。しかも安い!

写真のラーメンは650円、しかもランチタイムは明太子ライスかチャーシューライスがつきます。



こってりラーメン大好きな小林ですが、最近はすぐに胃がもたれます。

しかしここ香味徳ラーメンはコクもありながら、胃がもたれません。

カウンターにセルフサービスでいただけるキムチもあります。

ラーメンに入れるのもありです。


スープの湯気はあまり出ていませんが、すっごく熱々です。

ランチタイムはいつも行列ができているのでご注意ください。

香味徳 銀座店 (kamitoku)


東京都中央区銀座1-13-6 ヤマトビル 1F

11:00~23:00(L.O.22:30)

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業



京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

グリッドフォームローラーで体をほぐす②

こんにちは銀座一丁目で整体をしてます小林です。

テレビでフィギアスケートの浅田真央選手が、グリッドフォームローラーらしき物を使っていました!
※違っていたらすみません。

久しぶりにグリッドフォームローラー(以下グリロ)の使い方紹介その2
をしたいと思います。

私は主にセルフマッサージと筋膜リリースに使うことが多いです。

グリロに付属している説明書の使用方法の写真だと、
腕で体を支えたり、お腹やお尻を浮かせてエクササイズ要素が強いのであまりやりません。

脚の後ろ側の筋肉群、ハムストリングでの使用方法です。

ro-ra-1 hanten.jpg

太ももの裏側

写真では片足づつ行っています。上体もほとんど起こさずお尻も踵もなるべく地面に置くようにします。

リラックスした状態でこのまま30秒~60秒ほど同じところでグリロを当てます。

それからゆっくりとグリロを上下に転がすとリリースされていきます。


上記の写真のように、もう片方の脚を乗せて上げるとより負荷がかかり気持ち良いです!

ですがちょっと腕がつかれます。

 
ro-ra-4 hanten.jpg

ふくらはぎ

太ももと比べて体重を乗せづらいですが、もう片方の脚を乗せると程よく負荷がかかります。

気持ちお尻を浮かせると負荷がかかります。

 ro-ra-5 hanten.jpg

お尻

これはもう写真どおり、お尻で乗っかる感じです。

お尻にも深い部分に筋肉があるのでじっくり体重をかけます。

これだとテレビなどを見ながらでもできますね。
しっかりと筋膜リリースできれば、多少の体の歪みも改善されます!


そういえば、「グリッドフォームローラー 産後」みたいな検索がありましたが

今回紹介したセルフマッサージや筋膜リリースの方法も良いと
思いますが、産後弱った筋肉をつけるためにエクササイズ要素の
強い使い方が効果的かもしれませんね。

またいつか紹介したいと思います。

京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

妊娠中の骨盤のトラブル

こんにちは銀座で産後の骨盤矯正をしています小林整体院銀座の小林です。

妊娠中の骨盤のトラブル
妊娠すると出産の準備のために、骨盤まわりにある恥骨結合や仙腸関節を支える靭帯(じんたい)が緩んできます。
その代わりに筋肉は緊張してかたく張ってきて血行が悪くなります。
その状態でいると、お尻や股関節や恥骨が痛くなったり、脚がつりやすくなったりします。

また仙腸関節や恥骨結合が緩むことで、骨盤の底が広がり骨盤底筋群という筋肉が引き伸ばされ、
骨盤の容積が大きくなり腸が下がり子宮や膀胱などが圧迫されます。
そうすると、尿漏れや痔や脱肛、便秘など起こりやすくなります。

赤ちゃんが入っている子宮が下がり過ぎて圧迫されると、その刺激でお腹が張り早産しやすくなると言われています。

緩み過ぎた骨盤はトラブルを招くことがあるので、骨盤ベルトなどで骨盤を締めるのもおすすめです。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

体の歪みチェック

こんにちは銀座一丁目で骨盤矯正をしてます小林です。

最近クライアントさんから「なんとなく歪んでいる気がするがどこが歪んでいるかわからない。」

「歪みのチェックの方法を知りたい。」などの意見を頂きました。

なので今回は、体の歪みの危険度チェックを書いていきたいと思います。

あなたの身体の歪みの一つの目安にしてもらえればと思います。

あまり偏った身体の使い方をしていると、身体のバランスが崩れていきます。

体の歪みチェック

  • 内股や、外股歩きをしている
  • 高い枕を使っている、または寝るときに枕を使わない
  • 顔だけ横向きで寝る、うつ伏せで寝たり身体を横向きで寝る
  • ショルダーバックを掛けるとき、いつも同じ側の肩に掛けている
  • 片方の脚に重心をかけている、脚をクロスして立っていることが多い
  • あぐら、横座り、ぺしゃんこ座りをする癖がある
  • テレビなどを見るときに頬杖や手枕をする
  • 食事の時に、片側だけで食べ物を噛む癖がある
  • バトミントン、テニスなど身体の片側をよく使うスポーツをしていた
どうでしたか?

半分以上当てはまるようでしたら、身体のバランスが崩れ歪みがあると思います。

普段の生活の中に歪みの原因が結構あるものですね。

ちょっとした心がけで直せる部分があると思うので試してみてください。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。

下半身太りの原因はハイヒール

こんにちは銀座一丁目で骨盤矯正なら小林整体院銀座の小林です。

A6IQ1ZrCAAAb5cv.jpg

当院には下半身の痩身が目標のクライアントが多いですが、下半身太りにくわえ、冷え性、むくみ、腰痛をかかえて
います。

クライアントさんからよく聞くのが「ハイヒールを履かないと脚が太くなってしまう。」ということ。

これは実は正反対のことで、ヒールを履いてしまうことで骨盤がゆがみ、脚が太くなってしまい
下半身太りにつながるのです。

上の写真を見て分かる通り、足の骨がかなり不自然な形になっています。足の関節の一部にもかなりの負担がかかってしまいます。

ハイヒールは背伸びの姿勢の状態で、足首が曲がりにくく歩いていてもふくらはぎの筋肉はあまり動きません。
上げ底の靴やミュールなども同じです。

ふくらはぎの筋肉は収縮した状態のままで、ほとんど伸縮しないのでポンプ作用がうまく働かず
足にたまった水分を押し上げることができません。
 
そのために脚のむくみが発生します。
20151128121332-2e47277c92239ae716afbf9586637347768fccb7.jpg

また長時間ハイヒールを履き続けることで、脚腰に負担がかかり腰痛などが起こります。
ひどい状態になるとヒールが履けないほどになります。


京橋、宝町、丸の内エリアで小顔矯正サロンをお探しの方は
銀座一丁目にある小林整体院までお気軽にご相談ください。



筋肉が効率よく働かないということは、脂肪の燃焼にも影響しますのでこれらの靴は下半身太りの原因になります。

仕事上で踵の高い靴を履かないと行けない場合は多いとおもいますが、時には踵が低めのの靴で過ごすといいと思います。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

施術のご予約・お問い合わせはこちら

お電話の場合 0335615115 メールの場合 メールフォームから お願いいたします。